健康増進師とは

健康増進とは

日本人の寿命を150歳にしたい

 

私はこの30年間に、3万人を超える肥満症、糖尿病、メタボリックシンドロームの方々を見てきました。メタボという言葉が存在していなかったころから、肥満症や初期の糖尿病の方々を診て、体重が増えすぎると健康を害するということを痛感していました。そこで、体重を減らすための指導を行うことの重要性に気づいたのです。

医師である私が考える理想の食事とは、「病気にならない」「薬が効く」「死ぬまで元気」の三つを叶えるものです。ピンピンコロリですね。

私たちの体は、食べたものでできています。約三か月で体は入れ替わると言われています。そのしくみは、さまざまな栄養素がかかわっていますが、あまりに複雑なので、一言で説明できるものではありません。そこで、栄養素の働きや相互作用の説明をすべてはしょって、患者さんに「バランスよく食べてください」と言ってしまいがちです。ところがダイエットの専門医として、患者さんに食べ方の指導をするようになると、これまで「バランスよく食べてね」とお伝えしてきたとお伝えしてきた患者さんに、「バランスの良い食事」の真意がまるで伝わっていないことがわかりました。

それもそのはず、ダイエットのための食べ方の物差しは「カロリー」と思われているのです。カロリーを減らせばダイエットできると思い違いをされていたのです。実際には、カロリーを使う際にはビタミンやミネラルが絶対に必要で、これらが不足すれば、いくら食事を低カロリーに抑えても、痩せないのです。ビタミンやミネラルのほかにもカロリーの吸収スピードをコントロールする食物繊維や、細胞の酸化を防止するファイトケミカルズも大切な栄養なのです。ビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカルズの4つはいくら食べても太りませんが、カロリーだけにとらわれているとこれらの栄養素が必要量とれないことに気がついていないのです。

ビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカルズを含んだ「バランスのよい食事」をするようになると、少しづつ元気な細胞でできた体へと変化し始めます。3か月もすると全身の細胞が食べたもので作りかえられて、健康的に脂肪を燃焼できる体へと変わっていきます。

3か月後のあなたは、生まれ変わっているのです。ビタミンや、ミネラルは美容にも効果があり、肌や髪が美しくなります。ビタミンと食物繊維を一緒にとることで、腸内フローラが元気になり、免疫力の向上も期待できます。ファイトケミカルズの抗酸化作用で体中の細胞が若く元気になります。見た目も、体力も変わってきたことが実感できます。

3か月で健康になった体をぜひ手に入れてください。

IMG_0190

医師 佐藤桂子

健康増進はソフトウエア

健康増進は、病気の治療ではありません。健康で豊かな生活を楽しむための方法です。

この方法は、材料として、食品やサプリメント、機械としてエステ機器や計測器を使用します。世の中には様々な健康に良い、ダイエットによいというこれらの食品やサプリ、機器があふれていますが、市販のものをつかって、効果的に健康になる方法、つまりソフトウエアなのです。

健康増進師は、この方法をマスターした方に与えられる資格です。

 

 

日本健康増進師協会の資格

ダイエットトレーナー

(Diet traner)DT

日本健康増進師協会の所定の研修を受け、所定の試験に合格した者
ダイエットの専門知識を有し、食生活指導、美容指導、機械を利用した痩身施術ができる

 

健康増進師

(Helth Promorter)HP

日本健康増進師協会の所定の研修を受け、所定の試験に合格した者
ダイエット,アンチエイジング、健康増進の専門知識を有し、食生活指導、美容指導、健康指導ができる
地域のコミュニティーで健康増進ネットワークを作り出す

 

健康増進指導師

(Helth Promort Director)HPD

日本健康増進師協会の所定の研修を受け、所定の試験に合格した者
健康増進師の講習、教育訓練、認定が行える

 

日本健康増進師協会の認定教育機関

佐藤桂子ヘルスプロモーション研究所